プロフィール

アロハなコック

Author:アロハなコック
愛知県一宮市のもてなし料理の店
Sogno」のオーナーシェフ
公式FB:「もてなし料理ソーノ

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

仲よしだけど心配事も・・・!!

こんにちは、コックの妻です。

ちょま、ピョ一と続きましたので、

今日は、ビ’s!!

ごみ箱の下からやってきた、ミドリガメのビスケ。

あれよあれよと、農家さんからやってきた、クサガメのビキチ。

ずーーっと今まで別々に暮らしてきました。

水槽は一緒だけど、仕切りを入れてたんです。

でも、ビ’sもだんだん大きくなってきたので、

半分では、狭いかなって思い、この際仕切りを外し、

ビスケとビキチ一緒にすることにしました。

ビキチがやってきた時、一緒の水槽に入れたんです。

そしたら、お互いに嚙み合ってしまって、

別々にした経緯があったので、数日間は心配で心配で・・・。

でも、心配をよそにビ’sはいい感じ。
2017-7-6-1.jpg

繊細でこわがりなビスケが、ビキチにつられて

シェルターの外に出ていることが多くなったのです。

なかなかしなかった、甲羅干しも積極的で、

たまに、ビキチの上に半分乗っていることも。

大丈夫そうで、本当に良かった。

ただ、まだ心配事が1つあるのです。

ビキチは、ごはんを食べるのが超へたくそ。

3回ぱくっとして、一粒食べられるかどうか。

逆に、食べるのが上手なビスケ・・・大丈夫かな?

それに、ビキチはご飯の入っているケースばっかり見ていて、

ごはんが水中にあるのに気づかない。

ごはんが水中に入っているのに、「ごはんごはん」ってケースを

追っかけて泳いじゃうので、ごはんが後ろに流れて行っちゃう。

そうです、自分のご飯を一気に食べ終わったビスケが、

ビキチの後ろに回り込み、ごはんを横取り。

ひどい時は、自分のこはんよりも先に取りに行きます。

ごはんをあげる時の、コック。

「ビキちゃん、あるよもう入れたよ、あっ、ビスケ!!」
「ビスケは、自分の食べなさいっ!!」
「ビキちゃん、ごはん沈んでってるよっ!!」
「ちょっと頭沈めるよっ。」
「いたっ、それは手でしょ!!」
「ビスケ、ビスケはこっちこないっ!!」
「もぉ~、別々にするぞっ!!」

てな感じで、大変そう。

傍で聞いていると面白しろく、

トリオ漫才かっ!!とツッコミたくなりますが、

消化機能が強くないカメ吉は、食べ過ぎちゃうとダメ。

笑っていられる事ではないので、なんとかしないと・・・。

でもまぁ、とりあえず一緒に仲良く暮らしてくれそうなので、

良しとしようっ!!



スポンサーサイト

ようやく一年!!

こんにちは、コックの妻です。

2017-5-29-4.jpg
ビ’sと出会って丸っと一年が経ちました。

カメ吉との生活は、人生初の私。

コックは小さい頃、2カメ吉と暮らした経験があります。

ありますが、小さすぎてあまり覚えていない・・・。

なので、色んな事がわからなくて、試行錯誤の一年でした。

冬の間、本来ならば冬眠する生きもの。

でもまだまだ小さいので、冬眠させずに冬を越しました。

温めるライトと、紫外線のライトと水のヒーター。

それでもあまり食べてくれなくなり、甲羅干しもしてくれなくて。

心配で心配で・・・。

そんな冬がようやく過ぎ、温かくなってきたので一安心。

食欲も戻り、ビキチは甲羅干しも、干からびるよってほど

してくれるようになりました。

でも安心したのもつかの間、今度はちょっと太ってきたっ。

カメ吉は、消化機能が強くないそうで、太っちゃうとダメだよって

教えられ、今は配合のご飯を半分に減らし、

野菜でかさ増ししてあげています。
2017-5-29-3.jpg

ビキチは何でも食べると思ったのですが、

まだまだ神経質なビスケが、野菜も食べてくれるとはっ!!

食べてくれて、良かった。

ごみ箱からやってきた、推定1才だったビスケ。

今、倍以上の80g。
2017-5-29-2.jpg

農家さんから、あれよあれよという感じでやってきた、

推定3才だったビキチ。

今、230g。
2017-5-29-1.jpg

色んな不安を抱えての、一年間。

この経験をいかして、もっともっとビ’sが幸せに暮らせるように、

してあげたいと思います!!

一年、頑張ってくれてありがとう。


久しぶりビ’s!!

こんにちは、なぜだか眠たい、コックの妻です。

久しぶりのビ’sネタ。

ごみ箱の下からやってきた、ミドリガメのビスケ。

農家さん家からやってきた、クサガメのビキチ。

2カメ吉との人生が始まって、もう8ヶ月くらいかな・・・。

2016-11-26-1.jpg
ビキチは、沢山食べて沢山甲羅干しして、

みるみるうちに大きくなり、ちょっとおデブ?

という噂が立ち始めたかと思ったら、

2016-11-26-2.jpg
ビスケは、お昼間はシェルターに籠りきり。

一歩も出てこなくなり、ご飯を食べなくなってしまって・・・。

でも、夜には出て来てご飯を食べるという、

夜行性になってしまったんです。

ビキチは、ちょこっとご飯を減らし、

ビスケは、シェルターの中からでも食べられるよう、

コックが工夫してくれたので、今は量は少ないですが、

何とか食べてくれています。

ビキチとは逆に、ビスケ痩せちゃいました。

心配事が1つなくなったと思ったら、また次が。

心配事が絶えません。

ビ’sとちょま、いつも誰かが心配かけて来ます。

もう大変!!

でも、癒されてますし、手のかかる子ほどかわいいんだなっ。

PS.ビ’sのお水替えで30分。
 ちょまとの時間を、少しでもと思い一時間。
 以前に比べ、一時間半も早く起きるようになった私たちです。


怖い干物!!

こんにちは、カテゴリー作っちゃった、コックの妻です。

始まった私たちのカメ吉人生。

ビ’sは、可愛くて仕方ありません。

ごみ箱の下からやって来た、ミドリガメのビスケは、

ずーーーーっと、最近ビビリスケ。
2016-07-31-2.jpg

色んなものが怖いみたい・・・心配。

生まれてから私たちのとこに来るまで、

ノラとして頑張って生き抜いてきた名残りかな?

一方、農家さんちからやって来た、クサガメのビキチは、

扇風機がお気に入り。

まったく上陸している気配がなかったのに、

今や、上陸しっぱなし、扇風機の前で干からビキチ。
2016-07-31-1.jpg

上陸しないのも心配ですが、干物になりはしないかと、

それはそれで、心配。

心配だらけのビ’sですが、

休みの日は、一日中眺めていたいと思ってしまいます。

叶わないですが・・・。

ビスケもビキチも、結構おりこうさん。

手が大好きなんです

手からご飯が落ちてくると覚えたんですね。

指を動かすと、喜んで寄ってきます。

ビスケの方にも、暑いので扇風機を置いてみたんですが・・・

でっかいカラスがずっといるーーーーぅって感じで、

おうち(シェルター)から、一歩も出てこなくなり、

ご飯も食べなくなってしまいました。

ビキチは、扇風機を見るだけで大喜びしてます。

足して2で割った感じにならんかなぁ~。

そしたら、心配が半減するのにっ!!


始まった・・・私のカメ吉人生!!

こんにちは、ネタが溜まってる、コックの妻です。

連載もの日記書いてる間に、ネタが溜まっていってる・・・



ごみ箱の下からやってきた、ミドリガメのビスケ。

最初の数日は、ビビリスケで大変でした。

ちょっと落ち着いた頃の事。

いつものように、いきもの畑Withさんへ、

お野菜を受け取りに伺ったんです。

以前、スタッフさんから、Withさんにはカメ吉牧場があると

教えていただいていたのです。

なのでその日、畑主の隊長にお願いして、見せていただきました。

そこには、石ガメさんが・・・。

大きな子がたっくさんいました。

カメ吉を見ながら、カメ吉が大好きでという話と、

ビスケがやってきた話を、隊長にしてましたら。

「カメが好きっ!!」と、隊長の目がキランってなったんです。

そして、そばにあった水色の容器を手探りし始め、

ひょいっと何かを持ち上げてケースに入れ

「はいっどうぞ」と、手渡されました。

はい?!へっ?!

あれよ、あれよという感じで、またまた状況の理解できぬまま、

家にやって来た子が、この子。
2016-7-11-3.jpg

クサガメの子。

名前は、ビキチ!!

本名、サクラ エビ吉。

サクラエビももらってないのに、ビスケのとばっちりで付いた名。

可哀想なので、サクラエビあげました。

カメのエサ拒否になったらと心配でしたが、

ビキチは、おりこうさんでした!!
2016-7-8-4.jpg

めちゃめちゃカワイイ子ですっ。

始まった私のカメ吉人生が、

こうして、倍のカメ吉人生になったのでしたっ!!
2016-7-11-4.jpg

最高ぉぉおおおおーーーーー!!

私、思うんです。

カメ吉人生を始めるには、年齢的にギリギリだったかなって。

長生きですから、カメ吉は。

隊長、大切に育てます。

ありがとうございました!!

PS.コック作
 2016-7-11-2.jpg
 ビスケ!!
 2016-7-11-1.jpg
 ビキチ!!

 かわいいーーーーーい!!
 ソーノのゆるキャラも、こんな可愛いのを書いてくれればいいのに。






| ホーム |


 ホーム  » 次のページ