プロフィール

アロハなコック

Author:アロハなコック
愛知県一宮市のもてなし料理の店
Sogno」のオーナーシェフ
公式FB:「もてなし料理ソーノ

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

戯言(ざれごと)なのか本音なのか!!

こんにちは、コックの妻です。

思い出したことがあるんです。

数年前、中津川インター近くの某村のミスターに

「モナリザのようだね、何ていうか・・・普遍的な美しさ」

と、かなり酔ってらっしゃる時に言われました。

酔っぱらいの戯言というのを良く耳にしますが、

昔、酔ってる時の方が、本音が出るんだよと、

教えてもらった事があります。

しらふのミスターに、もう一度じっくり詳しく聞いてみようかなっ。


スポンサーサイト

物持ちがいい話!!

こんにちは、コックの妻です。

2018-2-10-1.jpg
このアディダス。

ウィンドブレーカーなんですがぁ。

私が中学校の時、バレー部全員で揃えた物。

先日、とうとう袖口が解れてきちゃって・・・

アディダスが好きだし、かっこいいデザインだったので、

お気に入りだったんです。

捨てちゃうのはちょっと寂しいですが、もう充分着たかな。

長い間ありがとう!!

そして、もう1つ。

2018-2-10-2.jpg
このレターセットの山。

私たちが暮らしている部屋の、

クローゼットの天袋から出て来たんです。

コックが、天袋の整理をしていて見つけ出してきました。

はい、全部わたくしのです。

若い頃、どこかへ出かけると、

器やレターセットを買うのが恒例だったんです。

レターセットを沢山持ってはいたものの、

そんなに手紙を書くというタイプではなかったので、

溜まっていく一方。

これは、物持ちが良いと言う話とは、ちょっと違うかっ!!

あっ、レターセットと一緒に、こんなハンコも出てきました。
2018-2-10-3.jpg

なんか、若い頃のセンスがカワイイ。
(自分で言うのもなんですが・・・)


PS.レターセットを探し出した時に、
 スノーボードをしていた時の、チケットホルダーが出てきて、
 そこに、年間パスポート用写真が一緒に入ってた。
 若かりし頃の写真・・・白黒だった。
 そんな歳じゃないぞっ。
 コックには、そりゃぁ~色々言われましたよ。
 ホント、腹立つ。



捗ったのか!!

こんにちは、コックの妻です。

確定申告の時期ですね。

毎年、お店で入力などしておりましたが、

昨日は、ノートを持ち帰り家で入力。

休みの日も、あまりちょまと一緒にいてあげられないので。

家の方が暖かいですし!!

でも・・・捗ったのかどうなのか。

こんな写真撮ったりなんかして。
2018-2-8-1.jpg

にゃぁ~って誘いに来るし・・・。

一緒に寝よって。

こうやって、自分の首を絞める。

余裕をもってっていうのが出来ないんですよねぇ。

ギリギリにならないと、やらない・・・子供の頃からそう。

やっていたのかどうかも怪しい・・・子供の頃は。


干支カプチーノ!!

こんにちは、コックの妻です。

干支カプチーノ!!
2018-1-28-1.jpg

パンダかと思ったよ。

何故か、カプチーノを淹れるのにハマったコック。

始めは、泡のきめがなかなか細かくならず・・・

でも大分上手になってきたかな。

それにしても、この絵はどうなのよっ?

*カプチーノはお出ししておりません
 (・・・なら何故ハマった?ですよね。)



毎年このアングルで!!

こんにちは、コックの妻です。

ほんとーーーーーーに、静か・・・静かすぎる。

皆さんのお越しを心から、お待ちしております。

毎年、12月30日に撮るアングル。

2018-1-26-2.jpg


毎年撮ってるんですが、

なぜか一度も採用された事がありません。

なので、今年こそはっ。

付箋がついている、色とりどりのお重は、

リピーターのお客さん。

お節を始めた初年度から、

ずーーーっとのお客さんもいらっしゃいます。

リピーターの方でも、新しいお重でお渡しする方もいらっしゃるので、

約2/3がリピーターの方。

ありがたいです。

昨日も「お節、美味しかったわ」と笑顔で言ってくださったお客さんが。

本当に嬉しい瞬間です。

大変だけど、クリスマス同様

『もう終わっちゃった』という思いになる私たち。

とても楽しい時間です。

ソーノのお節を食べて下さる方々の笑顔の為、

私たちも笑顔で作りますっ!!

新年を、ソーノのお節で迎えて下さった皆さんに、

心より感謝しております。

ありがとうございました!!



お節つながり・・・

ちょまお節!!
2018-1-26-1.jpg





| ホーム |


 ホーム  » 次のページ