プロフィール

アロハなコック

Author:アロハなコック
愛知県一宮市のもてなし料理の店
Sogno」のオーナーシェフ
公式FB:「もてなし料理ソーノ

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

2度目!!

こんにちは、感染源の、アロハなコックです。

先ほど、お客さんから頂きました!!
2012-8-30-1.jpg
ダーシェンカさんのパンです。
(今、食べながら日記を更新中です。ありがとうございます。)

パン好きな僕達、店まで行った事はないんですが、

旬楽膳さんへ、よく買いに行きます。

ところが最近、時間帯が変わったらしく、

売り切れで買えてなかったんです。

なので、頂いた嬉しさ倍増!!

なぁんて喜んでいたら、チラチラこちらを見る妻の視線が・・・。

そして、ささっとメモを差し出してきました。
2012-8-30-2.jpg

え゛っ?くれたか不安って!!

「ありがとうございます」って思いっきり言ってたじゃん!!

その後、「どうしよう、どうしよう」と落ち着かない妻。

次から次へと差し出されるメモ。

そのメモには、「預かってという事だったのかなぁ」という不安や、

「いつ聞こう、最後でいいかなぁ?」という切羽詰った質問や、

「今日、お昼食べますって言っちゃった」という、

今更、取り返しの付かない情報など・・・。

いけないと思いながらも、笑いがこみ上げてきて、

それを、こらえようとすればする程、

さらにこみ上げ、破裂寸前の風船のような状態に。

最終的に、ストレートに聞きに行ってました。

これは、僕達に下さったパンということで、良かったです。

渡された物に、ありがとうと即答する症状、

妻のよく言っている“コック病”の典型的な症状です。

完全に感染しています。

お客さんに聞きに行った後は、心が軽くなったのか、

そのお客さんとの会話を、色々話してくれました。

僕達はまだ食べたことは無いんですが、
(これは、催促じゃないです)

デニッシュやフランスパンも美味しいと言う事や、

そのフランスパンで作るフレンチトーストが

一番美味しくてハマッてるという話など。

嬉しそうに、教えてくれました。

ここで僕が、「じゃぁ今度、フレンチトースト作ってきて欲しいね」と、
(これは、催促です ← こらっBy妻)

妻に共感を求めると、

すっかり正気を取り戻した妻に「あほかっ!!」と言われました。

自分で言うのもなんですが、まだまだ妻のコック病は軽症です。


PS.今日のぽっちゃりさん。
 2012-8-30-3.jpg
 草取り?それともキャディーさん? 
 実は、この子を頂いた時も、同じだったんです。
 ありがとうと受け取ったものの、
 その後途中で不安な顔をする妻。
 結局、その時もストレートに聞きに行ってました。
スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ