プロフィール

アロハなコック

Author:アロハなコック
愛知県一宮市のもてなし料理の店
Sogno」のオーナーシェフ
公式FB:「もてなし料理ソーノ

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

なめらか終了、ぽってり開始!!

こんばんは、送り忘れた、アロハなコックです。

パンの袋についている、夏の懸賞。

沢山集めたのに、気づけば期限切れ・・・。

でも、また秋の集め中!!


生き物を守る農業を実践されている、

扶桑のビオガーデンWithさんで育った

さつま芋が届いております。

ソーノには、自称「芋・栗・かぼちゃ評論家」の

我が妻様がおりますので、

今回のさつま芋も、例に漏れず、焼き芋にしてまず食べる。

という、ある種の儀式のような試食が執り行われます。

そして、何かが取り憑いたように、

「星、3つですっ!!」と、

某料理番組のキョシヨーのモノマネをしておりました・・・

そんな、おいしく育ったさつま芋に、

さらにおいしくなってもらうのが、僕の使命です!!

さぁ、冗談まじりの前置きはこの位にして、

久々に“アレ”いきますか。

コックの3行クッキング!!(てけてってってってってぇ♪)

今回は、「さつま芋のポタージュ」です。

季節も涼しくなってきたので、

夏の間の、裏漉したなめらかポタージュではなく、

裏漉し無しのぽってり仕上げにしましょう。

では、ここから3行で終わらせますっ。

1、さつま芋をホイルで包みじっくり焼く。
  写真1

2、適当に切り、牛乳・シナモンスティックを加え火にかける。
  写真2

3、シナモンスティックを取り、芋を潰して塩で味を整え完成。
  写真3

2015-9-25-1.jpg 2015-9-25-2.jpg
2015-9-25-3.jpg
写真1.2.3

ミキサーなどで芋を潰すときは、

回し過ぎないよう注意してください。

2015-9-25-4.jpg
さつま芋の粒々がたまに入ってるのが、

飲んでてうれしくなりますよー。

今回のポイントは、じっくり焼いたさつま芋は、

しっかり冷めるまで待つこと、出来れば一日置くことで、

内側の水分が均一になり牛乳となじみやすくなります。

甘味も増す気がするんです。

皮の部分も、さつま芋の美味しい香りや栄養を、

たっぷり含んでいるので、固くなってるとこだけ取って、

そのまま美味しくいただきましょう。

With畑は、ウェルカムな畑ですので、

野菜好きさん、ぜひ遊びに行ってみて下さい。

探検好き、虫好き、生き物好きの子供達だけでなく、

探検好き、虫好き、生き物好きの大人にも

オススメですよー。

スポンサーサイト

<< 一番のり!! | ホーム | 彼岸花はしご!! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム