プロフィール

アロハなコック

Author:アロハなコック
愛知県一宮市のもてなし料理の店
Sogno」のオーナーシェフ
公式FB:「もてなし料理ソーノ

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

社葬・・・お別れ会!!

こんにちは、目がちょっと腫れてる、コックの妻です。

昨日、名北山文社長のお別れ会へ行ってまいりました。

ソーノを始める前、魚介の勉強のため修行させていただいき、

開店してからは、ずーーーっと良いものを

仕入れさせていただいている、

本当にお世話になっている、仲卸の社長。

魚介についてのアドバイスはもちろんですが、

いつも気にかけ声を掛けて下さる方でした。

コックにだけでなく、わたしにまで言葉を掛けて下さる、

優しい方でした。

「頑張って、かぁちゃんに楽させたれよっ!!」

「これは本当に旨いから、かぁちゃんにも食べさせてあげて!!」

9月のメールが最後になってしまいましたが、

その時も、私への気遣いが書かれていて、

嬉しかったのを覚えています。

・・・

祭壇には、白いお花が波に見立てられ、

その真ん中には、優しい表情の社長。

釣りが大変お好きだったということで、

赤い長い釣竿が飾られていました。

涙もろい私は、祭壇を見ただけで涙が出そう・・・。

色んな方の、お別れの言葉では、涙を我慢できませんでした。

社長は、亡くなった私のおとんにとてもよく似ていらっしゃいました。

市場でお話しするだけでも、じわぁ~っとしてまして・・・。

奇しくも、おとんと同じ3年間の闘病・・・

そして、おとんと同じ年齢で亡くなられた社長。

おとんと、どうしても重なってしまって。

お孫さんも2人いらっしゃるところ、

奥様とご旅行へよく行かれていたというところ、

息子さんや娘さんも、これから色々相談したいことが

出てくるだろう・・・と、

涙ぐむ娘さんをみて、自分と重なり。

私、おとんが亡くなってからのこの10年間、

相談できたらなって思った事は、

数え切れないほどありました。

60代前半でなんて、早すぎる。

・・・

鮮魚一筋に頑張ってこられた社長、お疲れ様でした。

お店を始めれば、辞めてしまうコックを、

雇って下さった事、いつも気にかけてくださった事、

心から感謝しております。

これからも、社長に胸をはって頑張っていますと、

報告できるよう、1日1日を大切に、

お客さま、お1人お1人を大切に、

1歩1歩、前に進んでいきます!!

社長、どうぞ安らかにお眠り下さい。

本当に、ありがとうございました。


スポンサーサイト

<< 干す!! | ホーム | 模様替え・・・見てのお楽しみ!! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム