プロフィール

アロハなコック

Author:アロハなコック
愛知県一宮市のもてなし料理の店
Sogno」のオーナーシェフ
公式FB:「もてなし料理ソーノ

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

原木椎茸!!

こんにちは、また長くなった、コックの妻です。

今日も、長い日記になりました・・・。

でも、是非最後まで読んでいただきたい!!


先日の定休日は、松阪まで行ってまいりました。

コックのお友達の電気屋さんに、教えてもらった、

電気屋さんへ、原木椎茸の見学に・・・。
2016-4-7-5.jpg
2016-4-7-2.jpg

???電気屋さんで椎茸・・・。

電気屋さんに紹介してもらった、電気屋さんで椎茸!!

お友達の電気屋さんから頂いた椎茸の香りにやられ、

お料理に使わせていただきたいと思い、伺った次第です。

お忙しい中、色んなお話聞かせていただきました。

電気屋さんで原木椎茸の始まりは、

ソーラーパネル下の日陰の有効利用からだったそう。

今では、好評でソーラーパネル下だけではなく、

原木椎茸用のハウスがありました。

椎茸って、気温25度を超えるとできないんですって。

なので、ぎりぎりセーフで間に合った感じ。

冬も出ないそうなので、春と秋の食材です。

でも、今年の冬は暖冬だったので、

忙しかったっておっしゃってました。

原木は、どんぐりの木で、

一本60Kgなんて大きなのもありましたよ。

持ち上げて、背中が「うっ」てなったそう。
(どこかで聞いた気がします・・・)

最近入荷した、400Kgの原木も見せてもらいました。
2016-4-7-1.jpg

原木は、大きさによって3~5年で、椎茸の菌によって、

朽ちていくんだそう。

森の中で木が倒れ、椎茸菌がついて、椎茸が出来、

そして数年で分解され、土に戻っていくってこと・・・すごいっ!!

菌のなかでも、椎茸菌の強さは中~下くらい。

原木にもっと強いキノコの菌があると、負けちゃうんです。

ちなみに、マツタケはすご~く弱いそう。

なので、あれだけ希少なんですね。

あと、原木に菌うちをしますよね。

菌うちした所から、椎茸が出るんだと思ってましたが、

菌は原木全体に行き渡り、叩いたりする刺激で、

椎茸が出てくるんだそう。

なので、菌うちしても2年くらいは出ないそうです。

そんな椎茸のお話、聞いていてとても楽しかったです。

もちろん椎茸も採らせていただきました。
2016-4-7-3.jpg

結構しっかりくっ付いているもんなんですね。

採った椎茸を見て、うわぁ~、肉厚!!

と、感動していたら、次の所にあったジャンボ椎茸は、もっと肉厚!!
2016-4-7-4.jpg

軸も、マツタケみたいなのがありました。

たくさんの椎茸と共に帰宅し、さっそく、

焼いた椎茸をそのまま。

ちょっとお醤油つけたりもして食べました。

美味しい・・・最高!!

そして、次の日はちょっと気になってた野草とソテーしたものと、

生のままスライスして、野菜とチーズ和えサラダ・・・。

そしてそのまた次の日は、焼いた椎茸に焦がしバターソースや、
2016-4-9-1.jpg

パスタ、ポタージュスープなどなど、いっぱい試作!!
2016-4-9-2.jpg
2016-4-9-3.jpg

全部本当に美味しい・・・。

ポタージュスープにはびっくりでしたが、

これがまた、めちゃめちゃ美味しいのです。

口中に椎茸の香りが、ふわぁ~。

素晴らしい香りです。

味も食感もとても良い。

楽しみな食材が、また1つ増えました。

秋の収穫期までに、もっともっと色々なお料理に挑戦です。

松阪の電気屋さん、ありがとうございました。

末永く、お付き合いをお願いいたします!!

PS.松坂の電気屋さんは、ご家族皆さん笑顔が素敵。
 ワンちゃんたちにも癒されてきました。



スポンサーサイト

<< 真ハタ・・・文句なしの美味しさ!! | ホーム | 甘夏のクラフティ!! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム