プロフィール

アロハなコック

Author:アロハなコック
愛知県一宮市のもてなし料理の店
Sogno」のオーナーシェフ
公式FB:「もてなし料理ソーノ

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

続・・・黒いの!!

こんにちは、コックの妻です。

続・・・黒いの!!と言いましても、

こっちの黒いのです。

最近見かける黒子にゃんこの事。

お母さんにゃんこと一緒で、少しホッとしたって日記に書きました。

先週の市場帰りの朝、ようやくお母さんにゃんこの姿を

しっかり見ることが出来ました。
2016-9-12-1.jpg

写真上手に撮れなくて、顔写ってないですが・・・。

やっぱりそうだったんだっ!!

あの時の・・・あのにゃんこ親子だったんだぁ。

それは今から数か月前の事。

ちょうどビ’sが来たくらいの時の事です。

お昼の営業も終わりがけ。

突然、窓を開けていたスタッフルームから、

「カーァカーァカーァ」すんごいでっかいカラスの声がしたんです。

スタッフルームにいるかと思うくらい。

怖々見に行ったら、さすがに中ではなかったですが、

すぐそこにでっかいカラス。

何?と見てたら、カァーの間に、「ぴぃ~

聞こえるか聞こえないかくらいの声。

子にゃんこ?やばい子にゃんこ狙われてる???

ダッシュで外へ出てお店の裏へ回ったものの、カラスが。

怖々少し近づき、少し近づきしてたら、もっすごい近くなって・・・。

うーーもう怖いって所で飛んでくれました。(ごめんねっ)

でも、子にゃんこがどこにも見当たらない。

まだお客さんがいらっしゃるので、戻りコックに説明。

「おれ探してくるから、レジとかお願いっ」と、今度はコックが外へ。

そして戻ってきて、

「親子、すんげー怖いお母さんと子猫が数匹、物置のうしろ」と。

そして、「カラスが戻ってくるんだよ」とも。

心配だけど、物置の後ろなら大丈夫。

それから夜になっても、親子にゃんこは物置の後ろにいました。

スタッフルームと接しているので、ゴソゴソと音が聞こえました。

夜の営業後、パソコン仕事をしていましたら、急に、

「ギャオオオォォォーーー」ドドドドーっというにゃんこの悲鳴と、

ドタバタと音がしたんです。

あわててまた、すっとんで行きましたが、

誰に襲われたのかは不明。

心配しながらもその日は帰宅。

そして次の朝、どーしてるかな?と思い、車を降りましたら、

ぴぃーぴぃーぴぃー!!

子にゃんこの鳴き声・・・それも大声。

もしかしてひとり置いてかれたの?声の方を探すもなかなか居ない。

色々探し回ってやっとピールケースの下で動かない子発見!!

「パァーーーーッ」・・・怖っ。こげ茶っぽいタヌキのような子。

人間の匂いがついたらダメかなって思い、手袋はめ、

そっと持ち上げ、「パァッ」と威嚇されながらも、

けががないことを確認。

その間、コックはお母さんを探す、「居たーっ、物置の後ろにいたっ」

ひとりはぐれて、ぴーぴー言ってたんだ。

お母さんとこに戻してあげようと思うんだけど、

お母さん、隙間から顔のぞかせて「ウシャーーーッ」

うーーー、お母さん怖い。

ひっかかれるの覚悟で、目の前に子にゃんこを置いてきました。

ちゃんと歩いて隙間に入っていったので、とりあえず良かった。

そして、その日のお昼営業後には、もういなかった・・・。

だいじょーぶだろうか・・・生きていけるだろーか・・・。

それからも気になってました。

その親子にゃんこだったんです。

お母さんにゃんこの色を、コックしか見てなくて、

コックもそうだと言ってましたし、

お母さんを見て私も、隙間から見えてたあの顔だって思いました。

お母さんにゃんこのあの色・・・見覚えあるなぁ~。

まぁ、何はともあれ、大きくなってぇ~。

たくましい感じはしないけど・・・あのぴーぴーはどっちだったんだろ?

もうそろそろ、黒子にゃんこたちも、独り立ちの頃かなぁ?

心配はつづく・・・。けど、あの子たちが元気でよかったよかった!!

PS.黒子にゃんこのあの人との距離の近さの理由が分かりました。
 お母さんにゃんこもその昔、お店の軒下で寝てたり、
 お隣の室外機の上にいたりと、なんとなく心配だなぁ~
 迷子ねこちゃんかなぁ~って思わせる子でした。
 親子でそっくり。お母さんはたくましくなってたけどっ。


スポンサーサイト

<< 9月のお休み!! | ホーム | 秋の定番と言えば、サンマの・・・!! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム